日本語 ENGLISH

採用情報

技術者の成長を支援する

キャリアステップ

技術者として成長するためには曲がりくねった道を歩くことがどうしても避けられません。
様々な経験を積むことで自分の能力に成長の手ごたえを感じることができます。
当社は一人一人の成長のフィールドを広げていくために手厚い教育支援を展開しています。

イラスト

入社後1年間は、社会人としての基本的考え方、製品の基礎を知る教育、製品づくりの実際の流れ、設計に必要な技術的な教育を座学と実技を織り交ぜながら、しっかり学習する機会を提供します。

5年目には技術者として一人で仕事が回せる様になることを目標に、仕事の配分をしていきます。今まで座学や実技で学んだ内容を、実際に製品設計に活かしたり、新規開発品への対応も目指していきます。

10年目には、後輩の指導ができる様になることが目標です。ここまでくれば技術者としては一人前です。社内外で、いままで得た知見、経験を存分に発揮していただく仕事を担当してもらいさらなる飛躍ができる舞台を準備します。

「道場」という技術者の
能力開発支援

各部署の20代から30代前半が集まり、「道場」という活動を行っています。「モノづくり」を実際に体験してもらうため、自分達で制作する「モノ」を決めて図面を書き、自ら加工したり、必要なものを調達したり、外注先との打ち合わせ及び交渉を皆で分担し、製品を作ります。普段の仕事では図面を書かない部署の人が図面を書いたり、普段現場で作業をしている人が外注先と価格の交渉をしたり、と仕事の幅や生きた「モノづくり」を体験できる活動を行っています。

1年間は現場実習で基礎を
しっかり習得

技術の基礎を築くための現場実習を重視しています。機械加工、組み立て、調整など製品の品質がどう形作られていくかを1年かけて経験します。技術者としてどのような業務に就いても、現場での経験はその後のキャリアでなかなか得ることができない知見を与えてくれます。

もっとがんばりたい若手支援

成長したい技術者をサポートする制度や専門性を高め自己研鑽に励み、成長できる環境が揃っています。具体的には社内の技術講習会への参加、仕事に必要な各種資格の受講支援(受検料は全額会社負担)、国内外の展示会の視察などを実施しています。

語学力(英語)教育

今後広がっていく海外への事業展開に向けて、英語でコミュニケーションできる技術者の育成を視野に入れ、外国人英語教師から実践的な英語を学ぶ機会を設けています。海外駐在も希望者を積極的に登用しています。