日本語 ENGLISH

会社概要

沿革

1921

1921年(大正10年)4月
 田邉 照三が大阪市浪速区桜川町において創立


創業者 田邉 照三
1924年(大正13年)4月
 ユニオンバルブ発明。
 小型高圧コンプレッサの開発・製造開始


1933年(昭和8年)4月
 船舶大型コンプレッサの開発・製造開始
創業者 田邉 照三

創業者 田邉 照三

1945年(昭和20年)3月
 桜川工場戦火により焼失。千里丘工場に全面移転。

1945年

1945

千里丘工場へ全面移転
機械や従業員の移動が完了した翌日、戦火で元の桜川工場が全焼。全面移転は時を読んだ英断でした。

1952年(昭和27年)4月
 東京支店開設

1959年(昭和34年)4月
 ディーゼルコンプレッサの開発・製造開始

1959年

1959

ディーゼルエンジン
コンプレッサ開発

TANABEの代名詞・舶用コンプレッサの第一歩を踏み出しました。

1962年(昭和37年)1月
 資本金6千万円の株式会社へ組織変更

1963年(昭和38年)7月
 名古屋工場完成。空気圧縮機の製造本格化

1963年

1963

名古屋工場 完成
当時は何も無かった愛知県小牧市。現在では基幹道路と高速道路に沿う物流に最適な場所となっています。

1966年(昭和41年)10月
 九州営業所開設

1970年(昭和45年)5月
 田邊コンプレッサー株式会社設立

1970年

1970

田邊コンプレッサー(株)設立
出荷後のアフターサービスに力を入れるため専門部隊が誕生しました。

1971年(昭和46年)10月
 空気圧利用の工業用洗浄機の開発・製造開始
1974年(昭和49年)8月
 田邊高圧容器株式会社設立
1978年(昭和53年)1月
 潜水用小型高圧多段式圧縮機(SSWLシリーズ)
 
製造開始

1978年(昭和53年)9月
 空冷式起動用空気圧縮機(VLHHシリーズ)
 
製造開始
1983年(昭和58年)4月
 田邊技術研究所設立

1984年(昭和59年)2月
 スクリューコンプレッサ開発

1984年

1984

スクリューコンプレッサ開発
当時初の圧力上昇14kg/cm2を可能にし“高圧スクリューのTANABE”の基盤を築きました。

1987年(昭和62年)1月
 水冷式多用途空気圧縮機(Hシリーズ)製造開始
1989年(平成元年)1月
 田邉 照三、会長に就任
 田邉 誠、社長に就任
1992年(平成4年)4月
 ユニオン興産株式会社設立

1994年(平成6年)9月
 ハイブリッド式圧縮機(SPシリーズ)製造開始

1994年

1994

ハイブリッドコンプレッサ開発
スクリュー機とレシプロ機をかけあわせてさらなる省エネを可能にしました。

2000年(平成12年)4月
 シンガポールオフィス設立
2003年(平成15年)4月
 田邊技術研究所を統合し研究開発部として発足

 田邊 誠、会長に就任
 田邊 潤、社長に就任
2008年(平成20年)3月
 名古屋工場に生産を一元化
2010年(平成22年)3月
 田邊 潤、相談役に就任
 田邊 照、社長に就任
2011年(平成23年)12月
 大阪新社屋完成

2018年(平成30年)7月
 名古屋新工場完成

2018年

2018

名古屋新工場 完成
新たな環境で従業員一同、お客様のニーズによりお応えできるようになりました。

 

2019